新館長ご挨拶

2013.5.7

  高戸先生より医学図書館館長就任のご挨拶をいただきました。
 その他にも図書館スタッフからの質問や、学生さんへのメッセージなど盛り沢山です。
 折に触れて高戸先生には様々なお話を聞かせていただけたらと思っています。 [部屋staff]

Q 医学図書館館長就任のご挨拶と抱負をお願いします。
A 平成25年4月から図書館長に就任した高戸です。近年の情報技術の進歩に伴い図書館のあり方も変化し、蔵書を保管したり静かな勉学の場を提供したりするという従来の機能に加えて、情報化社会における膨大な情報量の中から効率よく必要な情報を提供する窓口としての役割も求められるようになってきています。今後もその傾向は強まっていくと思いますが、時代の流れに合わせて進化していく図書館にしたいと思っています。それと同時に、昔ながらの図書館としての役割である知の蓄積を大切に継承しつつ、大学の責務である次世代の人材育成に貢献していく所存です。

Q 先生の研究分野についてご紹介ください。
A 私の臨床の専門は顎口腔外科といって、口唇口蓋裂を始めとする先天的、あるいは腫瘍や外傷後の後天的口腔顎顔面変形の治療、舌がんを始めとする口腔内の腫瘍の治療や、顔の変形や噛み合わせの異常である顎変形症の治療を専門にしています。研究としては組織再生の研究、具体的には顎顔面領域における骨再生や軟骨再生の研究をしています。京大の山中先生がiPS細胞でノーベル賞を受賞されて再生医療への注目が高まっていますが、再生医療の歴史は意外と古く、1970年代にまで遡ります。1993年には、ヒトの耳の形をした再生軟骨がマウスの背中に移植された写真が世界のマスコミで広く取り上げられ、再生医療を一躍有名にしました。しかし、臨床で使える組織を体外で作製するのは非常に困難です。実際、彼らの報告から20年たった今でも、本邦で薬事承認を受けた再生医療製品は、再生表皮と、限局した軟骨欠損に対する再生軟骨のみです。私たちは、臨床でニーズの高い、比較的大きな形のある組織の再生を目指しています。
骨再生に関しては、複雑な顎顔面形態も容易に再現可能な人工骨の作製ができるようになりました。軟骨に関しても、患者自身の細胞とポリマー足場素材を組み合わせて、形と硬さを有するインプラント型再生軟骨の開発に成功し、現在、東大病院顎口腔外科で自主臨床研究を行っています。

Q 医学の道へ進まれたきっかけは?
A 若い時から、こどもが大好きで、人類の宝とも言えるこどもを助ける仕事をしたいと願っていました。医師になってからは、カナダのこども病院を含めて3か所のこども病院に5年間勤務しました。
いつも、こどもの笑顔を見ることが最大の楽しみでした。最近、会議において、32歳の官庁の方が、『3歳の時にこども病院で先生に手術をしてもらいました。』と挨拶に来られ、驚くとともに大変嬉しく思いました。

Q 先生が気分転換や息抜きにされている事があったら教えて下さい。
A 臨床も研究も辛いことも多いですが、両方とも大変面白くて、両者に従事することが互いに新鮮で気分転換と息抜きになります。臨床に専念しつつ研究に目を向け、研究に専念しつつ臨床に従事することが相互の刺激になっていると思います。常に、幅広い興味を持つことが、エネルギーを保つことに繋がっているのでしょう。

Q 医学生に学術書以外でぜひ読んで欲しい本はありますか?
A お薦めの本は選びきれないほどありますが、W. オスラー「平静の心」柳田邦男「犠牲」星野一正「医療の倫理」日野原重明「道をてらす光−私が学んだ人と言葉」利根川進、立花隆「精神と物質」などでしょうか。有吉佐和子「華岡青洲の妻」は、現代の医療倫理にはそぐわないのですが、心揺さぶられる読み物です。時間的に余裕がある学生時代に、医学分野も含めてたくさんの本を読んで、感性豊かな広い視野を持った医者になっていただきたいと思います。

   - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    先生お薦めの本に、学内の所蔵へリンクをはっています、ぜひご利用ください。
   - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Q 最後に、図書館を利用する学生達にメッセージをお願いします。
A 学生時代は勉強だけでなく、夢と目標をもって色々な経験をして、有意義な学生生活を送って欲しいと思います。とはいっても、将来の医師あるいは研究者として、必要な知識は習得していかなければなりません。そのためにも、是非図書館をうまく活用していただきたと思います。最近、医学図書館が改築されて使いやすくなりましたが、利用者のニーズに合わせて今後も対応していきたいと思っています。ご意見やご要望などがありましたら、ご遠慮なく図書館職員にお伝えください。



館長交代 大江先生ご退任、新館長に高戸先生ご就任

2013.4.19

  3月末をもって大江和彦先生が医学図書館長をご退任されました。
 在任期間は6年、歴代館長のなかで最長記録です。
 医学図書館にとってこの6年間は耐震工事、館内レイアウト・カウンターのリニューアルなどのハード面、
 開館時間の拡大などソフト面ともに変革期でした。
 退任ご挨拶での「図書館は変わっていかなくてはいけない」という言葉に大江先生の医学図書館への
 想いやお考えが凝縮され、とても印象深く心に残っています。
 これからもより良い医学図書館を目指し変わって行きたいと思います。
 大江先生、ありがとうございました。

  そして4月、口腔外科学の高戸毅先生が医学図書館第22代館長へご就任されました。
 新館長のもとスタッフ一同頑張っていきたいと思います。
 高戸先生、どうぞよろしくお願い致します。
 次回は高戸新館長よりメッセージをいただく予定です、お楽しみに! [部屋staff]


図書館スタッフから館長への10の質問

2010.6.1

  『図書館長の部屋』 を開設しました。
 このページでは 東京大学医学図書館 大江館長より、様々なメッセージをお届けしていく予定です。
 大江館長、医学図書館をより身近に感じていただくきっかけの一つになればと思います。
 まずは開設記念!としまして、「図書館スタッフから館長への10の質問」をどうぞ。
 研究分野についてや少年時代の話などなど、いろいろとお話してくださいました。 [部屋staff]

Q 最初に、先生の研究分野についてご紹介お願いします。
また、医師としての専門分野、得意分野は?
A 医療情報学といって、医療に情報学や情報工学を取り入れる手法を研究開発して、それによってより良い医療を実現することを目指す学問を専門としています。医療は患者さんの身体情報をできる限りの方法でたくさん集めて、それをもとに患者さんに何が起こっているかを判断し、健康な状態に戻すために最適最短の方策を選択して実践することで、病気を治すものです。そこでは、ありとあらゆる情報を効率よく収集、分析することが必要で、情報工学やコンピュータなしにはもはや成り立ちません。外科系の研修を数年しましたが、今や医師としての専門分野も医療情報システム領域と言っていいでしょうね。ですから得意分野は、コンピュータプログラミングです。

Q 学生時代、先生にとって医学図書館とはどんなところでしたか? 研究者となられた現在は?
A 買えない高い教科書を読む場所、ある病気や症状についていろいろな本にどのように書かれているか違いを読み比べて自分の頭の中で自分なりに理解していく場所でした。世界的に有名な論文の現物に触れて興奮する場所でもありました。ワトソン・クリックの二重らせんの発表論文のコピーを取った時など、それだけでなにかドキドキしました。電子ジャーナルが普及してきた今では、最新知識を得る場所というよりも、当時はどのように書かれていたのだろうか、などと考えるときの資料を得る場所になりつつあります。

  PDFアイコン ワトソン・クリックの二重らせんの発表論文freeアイコン
  DNA discovery focus from the nature journal: double helix (Nature 特集ページ)

Q 医学図書館をどんな図書館にしたいですか?
A 先人の知識を体系的・構造的に整理された形で手にいれて、頭の中に理解イメージを作るための思索ができる場所、先人が積み重ねてきた知識に触れて新鮮な驚きを感じる場所、そして最新知識を電子的に簡単に得られるように体系化してくれる場所、そうした複数の面をもった図書館になるといいと思っています。

Q 小さいころはどんな少年でしたか?
A すごい山の中の一軒家育ちで同学年の人もほとんどおらず小学3年くらいまでは電話も水道もない場所で育ったので、毎日たいてい一人で山の中を駆け回って虫取りをしたり、プラ模型を作ったり、望遠鏡を作っては改造ばかりして星を眺めたりしていました。今でもそうですがシャイで人見知りでしたね。ガリガリにやせていてひょろひょろだったみたいです。

Q ソウルフードは?
A 大阪なので、やはりお好み焼きと、たこ焼きです。

Q 気分転換にすることはありますか?
A ベランダに望遠鏡(25cm反射望遠鏡)を出して月か惑星を見てみること。たまに大声で歌えるカラオケで発散。最近はまりだしたのが、休日の防波堤などでの海釣りです。始めたばかりでまださっぱりですが、釣れた後の魚料理も楽しいです。

Q 絶対に一人会えると言われたら、誰に会いたいですか。
Q 小学校3年くらいのときに数ヶ月同級だった、あとで思えばもしかしてあれは初恋だったのかなあと思う気持ちを持った女の子。でもきっとそういうのは会わないほうがいいのでしょうね。

A 先生のファッションセンスはなかなかだと思いますが、スタイリストはご自身ですか?
A そうかな。ありがとうございます。
きっと土台がいいのでしょう(笑)

Q 座右の銘は?
A うーん、まだ座右の銘を語れる歳でも立場でもないのでパス。

Q 最後に、先生の夢を教えてください。
A ・専門医と対等に患者さんの病状について医学的議論ができる知能コンピュータシステムを
 開発して、それを医師が使って診療をするようになること
・病気が治らずに悲しい気持ちになる人が一人でも減る世の中にすること
・ロケットに乗って地球周回軌道から丸い地球を眺めること。
・完璧な降るような星空の中に身を置くこと
・巨大なほうき星(彗星)を肉眼で見ること
など、いろいろあって大変です。