1858~1867

  • 1868年へ

大槻俊斎
「扶氏診断」

伊東玄朴
「医療正始」

種痘諭文(複製)

桑田立斎
「牛痘發蒙」

緒方洪庵
「扶氏経験遺訓」

松本良順
「薬性学」

58
(安政5)
5月江戸の蘭方医83名の出資により神田お玉ヶ池に
私設の種痘所が開設される
種痘の普及と西洋医学の講習を行うことを目的とした
 11月神田相生町からの出火で種痘所が類焼する
大槻俊斎 伊東玄朴 宅を臨時の種痘所とし, 種痘業務を続ける
 12月仮小屋を下谷和泉橋通りに建てる
59
(安政6)
7月将軍家定の病状が重症化する
1849年より禁止されていた蘭方医術が解禁され
伊東玄朴, 戸塚静海が奥医師となる
 9月下谷和泉橋通りに種痘所を再建する
60
(万延元)
7月幕府からの公式な援助を得られることになる
10月幕府に接収され, 官立の種痘所となる
初代頭取に大槻俊斎
61
(文久元)
3月種痘奨励のため「種痘諭文」を発行する
8月医学研究のために毎年男女各1体の人体解剖の許可を願い出る
 10月小塚原刑場での人体解剖が許可される
西洋医学所と改称, 組織を種痘・医学教育・解剖の三科とする
62
(文久2)
閏8月2代頭取に緒方洪庵
63
(文久3)
2月医学所と改称
7月3代頭取に松本良順
教授職5名 助教授4名 通学生約30名 寄宿生約30名
65
(慶応元)
ポンペのもとで学んだ松本良順は, 組織の整備拡充を行い
いわゆる七科(物理・化学・解剖・生理・病理・薬剤学・
内科・外科)を置く
66
(慶応2)
5月種痘のための出張所を江戸数ヵ所に置く