解體新書

かいたいしんしょ

請求記号HR:91
著者杉田玄白 等訳
刊年安永3年 (1774)
形態5冊 27cm
資料解説 明和8年 (1771) 3月、 江戸千住小塚原(こづかっぱら)で行われた刑死人の解剖を見た杉田玄白(翼、1733-1817)・前野良沢(達、1723-1803)たちが、ドイツ人クルムス(1689-1745)が書いた医学書のオランダ語訳である「ターヘル・アナトミア」と比較してその正確さに驚き、この本の翻訳を志して3年半の言語に絶する苦労ののちに完成させ、安永3年 (1774)に「解体新書」と名づけて出版された。
その内容は、第1冊が序図篇で、臓器類が図で描かれており、第2~5冊が解説篇で全文が漢文で記述されている。
この「解体新書」は日本の医学に対して貢献をしただけではなく、日本で蘭学がさかんになるきっかけとなった、その意味でも、医学史上とても重要な資料である。

関連資料: 「 重訂解體新書 」「 重訂解體新書銅版全図