医療正始

いりょうせいし

請求記号HR:78
著者毘斯骨夫(ビショップ/ビスコフ)著
越而実幾(エルジッキ)訳
伊東玄朴 重訳
刊年天保6年 (1835) - 弘化4年 (1847)
形態21冊 26cm / 欠:22-24巻
資料解説 Bischoff (独 1784-1850) 著の内科書(オランダ語訳版)を伊東玄朴が翻訳したもの、全24巻。
訳者の伊東玄朴は長崎でシーボルトに学び、お玉ヶ池種痘所設立のために拠金した83名の蘭方医のうちの一人。文久2年より、西洋医学所(種痘所の改称)の取締を務めた。

83名の蘭方医には、
箕作阮甫、大槻俊斎、三宅艮斎、桑田立斎 などがいる。