鼈氏診断学

べっししんだんがく

鼈氏診断学
請求記号ベルツ資料:H
著者ベルツ著
土岐文二郎, 保利聯 共譯
刊年明治29年 (1896)
形態1冊 20cm
資料解説著者のエルヴィン・フォン・ベルツ(独 1849-1913)は東京医学校(東京大学医学部)のお雇い外国人教師、在職期間は明治9年6月~35年7月。
来日当初は生理学の講義を担当、前任者が帰国後に内科学、病理学などを担当し臨床の重要性を説いた。 在職は26年間にも渡り、日本の学生への教育指導と患者の診療に力を尽くした。

関連資料: ベルツ著 「 内科病論